パッチテストについての詳細について

This page:TOPへ戻る > パッチテストについて

パッチテストについて

白髪染めを使用する際に注意しなければならないのがアレルギー反応です。
白髪染めにはさまざまな成分が配合されています。たとえば酸化染毛剤。非常に強い効果をもたらす染料ですが、アレルギー反応をもたらす成分が含まれています。そのため、人によってはかぶれやかゆみといった反応が表れることがあるのです。

最近では植物など、天然由来のより安全な染料が使用されるようになっています。そのためアレルギーの問題も少なくなっていますが、ゼロではありません。植物由来の染料でも肌質に合わなければアレルギー反応が発生する場合があります。

アレルギーのトラブルを防ぐためには事前のパッチテストが有効です。パッチテストであらかじめアレルギー反応が出るかどうか把握していれば適さない白髪染めを避けることができます。敏感肌やアレルギー体質の人はとくに注意が必要です。

ヘアカラーの場合、脱色をしてから染色するためアレルギー反応が出やすいとも言われています。パッチテストでアレルギー反応が出た場合は違う製品にするほか、より刺激の少ないヘアマニキュアに変更する必要が出てきます。

パッチテストの方法は簡単。白髪染めを肌につけた状態で放置し、その反応を確かめるだけ。だいたい48時間程度経過を見て反応が出てこなければ異常なしということになります。

せっかく白髪を染めようと使用した白髪染めが新たなトラブルをもたらしてしまうようでは困りもの。白髪染めを使用する際にはできればパッチテストを行うよう心がけたいものです。

お役立ち情報ナビ

 

CmsAgentTemplate0058-0059 ver1.001