選び方の詳細について

This page:TOPへ戻る > 選び方

選び方

白髪染めは目的のシチュエーションにあわせて選ぶことも大事です。たとえば生え際。うまく染めるのがなかなか難しいものです。白い部分が残ってしまったり、頭皮についてしまいなかなか落ちなくなってしまうことも。そんな時にはクリームタイプの白髪染めがお勧めです。

最近では素手につけてそのまま塗布できるものも多く、生え際でもしっかりと染めることができます。とくに前回白髪染めを行ってから時間が経過し、生え際が目立つようになった場合には部分染め用のものを使用するなどこだわりたいものです。

それから染める範囲。白髪染めには全体的に満遍なく染めたい場合と、白髪がある部分だけを染めたい場合とがあります。市販されている白髪染めの中には全体染めに適しているものと、部分染めに適しているものとがありますから、状況にあわせて選択することが望ましいでしょう。

一般的に全体染めには泡タイプやフォームタイプ、部分染めにはジェルタイプやクリームタイプが適していると言われています。

ただこの際注意したいのは部分染めを使用した部分に改めて全体染めを使用する場合。以前に部分染めをした部分だけ色が濃くなってしまったり、毛髪が傷んでしまう場合があるので間隔などを注意して行うようにしましょう。

このように、白髪染めはつねに同じものを使えばいいというわけでもありません。状況にあわせて最適なものをその都度選択することが重要になってくるでしょう。より自然に、目立たない白髪染めを目指したいものです。

お役立ち情報ナビ

 

CmsAgentTemplate0058-0059 ver1.001