白髪染めの色の詳細について

This page:TOPへ戻る > 白髪染めの色

白髪染めの色

白髪染めといえば黒く染める、というイメージは過去のものになりつつあります。いろいろなカラーを選べておしゃれが楽しめるというだけでなく、髪質や白髪の量などにあわせより自然に仕上げるための色合いの調節が可能になっているのです。市販されている白髪染めにもさまざまな色合いが用意されており、理想に合わせたものを選ぶことが可能です。

この際、注意が必要なのが髪と白髪染めとの相性。よく知られていることですが、地毛が黒い人や堅い人は染まりにくい傾向にあります。逆に髪が細かったり、柔らかい人は染まりやすい傾向が見られます。ですから前者の場合はやや明るめの色を、後者は一段階暗い色を選ぶような感覚が理想的です。

それから白髪の量。白髪が多い場合はしっかり染める必要があるので暗めの色合いが適していますが、白髪が少なく、部分染めで済ませる場合にはやや明るい色合いが適しています。思った以上に染まりすぎてしまい、周囲の黒髪との間でギャップが生じてしまうことが多いからです。また、ヘアカラーで染めた場合、元に戻らないため最初からあまり暗い色を使用するのは避け、明るい色から出来栄えを確認しつつ使っていく方が無難です。

また白髪染めシャンプーなどのように天然素材を使用し、時間をかけて染めていくタイプのものでは十分に染まらない場合があります。人気のヘナの場合、完全に黒くすることは難しいとも言われており、髪質によってはオレンジなど中途半端な色になってしまうこともあります。髪質は十人十色。自分に合った色を選択することが重要になってくるのです。

お役立ち情報ナビ

 

CmsAgentTemplate0058-0059 ver1.001