白髪染めの種類の詳細について

This page:TOPへ戻る > 白髪染めの種類

白髪染めの種類

白髪染めにもさまざまな種類が登場し、シチュエーションにあわせて選択が可能になっています。

従来の白髪染めというと強い薬剤を使用して着色するものが一般的でした。効果が高い反面、肌につくとなかなか落ちないなど取り扱いが面倒な面があり、生え際などの処理も難しいものでした。また効果が強すぎるあまり毛髪から水分が失われ、ごわついてしまうといった欠点もありました。

しかし最近ではそういった問題を解消するべくさまざまなタイプの白髪染めが登場しています。まずヘアカラー。従来の白髪染めを含むもっとも一般的なタイプといえるでしょう。髪を脱色した上で染料で染め上げます。頭髪全体を満遍なく染めたい、色を長持ちさせたい場合などに適しています。最近では染料を植物由来のものを使用するなど、毛髪にも優しいものが多くなっています。

それからヘアマニキュア。脱色をせずに毛髪の表面に染料を浸透させるタイプです。毛髪を傷めずに自然に仕上げることができるのが大きな魅力ですが、効果が表れるまでに時間がかかったり、十分な効果が得られないなどの問題点があります。

ほかには一時的に染めるタイプのものもあります。スプレータイプのものがもっとも一般的でしょう。人の集まりに参加する際や旅行時など、簡単に染めることができるのが最大のメリットです。ただ効果はあくまでその場かぎりとなります。白髪の本数、状態などを踏まえたうえでこれらの種類の中から適したものを選ぶことになるのです。

お役立ち情報ナビ

 

CmsAgentTemplate0058-0059 ver1.001