持続期間の詳細について

This page:TOPへ戻る > 持続期間

持続期間

白髪染めはその種類によって持続期間が異なってきます。当然、ケアの頻度や手間も変わってくることになります。

もっとも効果が長持ちするのがヘアカラーです。染めた時の色合いが維持できる期間は約2ヶ月程度。また毎日のシャンプーによる色落ちはありません。とにかく白髪を目立たなくしたいという人に適していますが、当然持続期間中に生えてきた毛髪に対しては新たなケアが必要になります。

ヘアマニキュアの場合、効果の持続期間は約1ヵ月程度と言われています。ヘアカラーと異なり、脱色せずに毛髪の表面から染料を浸透させるため、シャンプーによって色落ちしていきます。そのため時間の経過とともに少しずつ色がもとの状態に戻っていくことになります。持続期間に関しては劣りますが、改めて染める手間がヘアカラーに比べて楽というメリットもあります。そのときの気分によってカラーを変えたい場合にも適した方法といえるでしょう。

一時染めの場合は基本的にシャンプーするたびにすべて落ちるため、持続期間と呼べるものはありません。ケアの際に注意が必要な点としては雨などでぬれた際、色落ちして衣服についてしまうことがあることです。

このように、白髪染めの種類にはそれぞれ持続期間とケアに求められるものが異なってきます。持続期間は長い方が理想的ではありますが、ケアの手間や方法などを考えた上で選択することも必要になってくるかもしれません。ケースバイケースに合わせて使い分けるというのもひとつの選択肢です。

お役立ち情報ナビ

 

CmsAgentTemplate0058-0059 ver1.001