季節の変わり目の不調をガードの詳細について

This page:TOPへ戻る > 季節の変わり目の不調をガード

季節の変わり目の不調をガード

"夏から秋に移る季節の変わり目はどうしても体の調子もお肌の調子が悪くなりがちです。

お肌に関して言えば、気をつけてはいても、夏にはどうしても紫外線を浴びてしまいます。
その紫外線を浴びていたお肌の疲れが出て来るのがこの時期。
そして、ついに恐るべし乾燥が出て来るのもこの時期です。
そう、言わば疲れと乾燥のWパンチです。

体調で言うならば冷えが徹底的に気になってくる時期と言えます。
暑い日が続いたかと思うと、急に寒くなったりととにかく気候が安定していない上に、夏場冷房で知らずのうちに冷やしてしまった体が一気に冷えを感じ出します。

そんな今の時期こそ徹底的にお肌の管理も体調の管理もしたいものです。
お肌に関しては徹底的に保湿対策に励みます。
夏場はベタつくからという理由で少なめにしていたクリームをたっぷり塗ることや、保湿力の高いバームを使用し始めることで、これから更に待ち構えている乾燥を徹底的に守ります。
そして、乾燥に対して免疫力を高めておきます。

体調管理で言えば、とにかく足首を冷やさないことです。
仕事中でもお家に居る時もコットンのレッグウォーマーを履いて足首を冷えからガードします。

自分の体は自分で守る!
小さなことですが日々の実践が大事です。"

お役立ち情報ナビ

 

CmsAgentTemplate0058-0059 ver1.001